メタボって何?
最近新しく生まれた「メタボ」という言葉が一般にも広く使われるようになりました。
メタボとは略語で、正式にはメタボリック・シンドロームまたは日本語ではメタボリック症候群と言います。
ところでこのメタボリック・シンドロームという言葉が分かったところで今ひとつ何のことを指しているのかピンと来ません。
生活習慣がもとで太ってる人やお腹が出ている人のことを言うのでは、というおぼろげなイメージはあるのですが、正式にこれがメタボリックシンドロームであるという基準を知っている人はそれほど多くはありません。

あなたはメタボリック?
太っている人がメタボリックシンドロームというイメージを持っている方が多いと思います。それはあながち間違いではなく、ウエストつまり胴回りがある程度以上の太さになっていることが最初の基準点です。男性なら85cm、女性なら90cm。これを超えている人はまずはメタボリックシンドロームの第一段階をクリアしています。

いわゆる生活習慣病というものがあります。かつては成人病と呼ばれていた病気のことです。高脂血症、高血圧、高血糖症(いわゆる糖尿病)などがそれに該当します。先ほどのウエストサイズに加えて、これらの生活習慣病だと診断されるような数値が出た場合、それが2つ以上になるとメタボリック・シンドロームとして診断されます。
生活習慣病だと診断されるような数値、というのはあいまいなので正確に書きますと、以下のようになります。

★中性脂肪150mg/dl以上、HDLコレステロール40mg/dl未満のいずれかまたは両方
★血圧が上で130mmHg以上、下で85mmHg以上のいずれかまたは両方
★空腹時血糖が110mg/dl以上

これらのうち2つ以上に該当し、最初に申し上げたウエストのサイズが男性で85cm、女性で90cmを超えている人はメタボリックシンドロームである、ということになります。
2つ以上該当すると、と申し上げました。ですが実際にはこれらの数値には相関関係があるので、3つ全てに該当してしまうことも珍しくありません。当然ながらこれらの全てに該当してしまうというのは体に良いはずがないので、ただちに対策をとる必要があります。放置しておくとあらゆる病気を引き起こす元になってしまうので、ここまでメタボリックシンドロームに注目が集まっているのです。
最近体系化されたということで、これまでは単にそう呼ばれていなかっただけでメタボリックシンドロームの人はたくさんいました。このようにちゃんと言葉も出来て明確に定義された現在、それに対する対策も確立しつつあるので該当する人はしっかりと対策を始めましょう。

なぜメタボはいけないの?
国の本音としては、まだ実際の病気になっていないものの将来的に何らかの病気になるリスクが高いメタボをその段階で食い止めたいという考えています。将来にわたる医療費を削減したいのです。

ご存知のように健康保険は本人負担が3割なので残りの7割は健康保険組合が負担しています。そこに国の財政が使われているので、この医療費負担は国庫を大きく圧迫しています。メタボ対策を進めることによって、この部分の国庫負担を将来にわたって軽くしたいということです。

この制度は義務化となっているのが特徴で、義務ということは必ずしなければならないということです。もし違反すると健康保険組合への助成金がでなくなりますし、一定期間内の減少率が国の基準に達していない場合は事実上の罰金というペナルティまであります。

つまり、言われた通りにメタボ検診をやっているだけではダメで、それによる結果までも求められているのです。これを受けて最近では特に大企業などでメタボ対策として社内のエレベーターを使わない運動をしたり、勤務時間中に体操の時間を設けたりするなど、具体的な対策に乗り出しています。

国の意図や健康保険組合の意図はどうあれ、これは私たちの健康を増進する上で有意義なことです。この世の中の動きをチャンスと考えて、メタボ対策をしっかりと行いたいものです。

メタボは病気の原因
メタボリックシンドロームの基準が明確に定義されたことによって、これまでは問題とされていなかったことが問題とされるようになってきました。メタボというのはそれだけでは特に病気というわけではなく、「病気のリスクがあるので注意すべし」という状態です。

これまではメタボ、またはメタボに近い状態にあったことが原因で生活習慣病やその他の病気になったとしたらその病気が発症してからが問題となっていました。今やこれらの病気の原因となっているのがメタボであるということが分かってきており、メタボになることを予防するための対策が可能になってきました。

自分がメタボなのかどうか、それを知るためにメタボ検診があります。メタボ検診は従来からあり、任意で受けることが出来ました。そんなメタボ検診をめぐって、新しい動きがあります。それは国によるメタボ検診の義務化です。具体的には健康保険法の改正にともなって、厚生労働省が2008年から新しい健診制度を導入するにあたって各健康保険組合にメタボ対策を義務付けたのです。

脱メタボダイエット
メタボの対策として、最も簡単に思いつくのがダイエットです。余分の脂肪を燃焼してしまってスリムにして、メタボからの脱出するわけです。

皮下脂肪がついてしまった人のダイエットは体型をスリムにするためのものです。メタボのためのダイエットは見た目をスリムにするというわけではなく、内臓についた脂肪をダイエットしようとするものです。摂取するカロリーよりも消費するカロリーが多ければ自然に脂肪が減っていく、というのはダイエットの基本的な考え方です。もちろんメタボの対策としてのダイエットでもこれは変わりません。ですが内臓脂肪に注目したダイエットをすれば、通常のダイエットよりもさらにメタボ対策として効果的なはずです。ここではメタボ対策ダイエットについてお話しいたします。

ダイエットの基本は食事と運動。食事については規則正しく一日3食の食事をしっかりと食べて、食事以外に間食はしないようにしましょう。食事についても肉よりも野菜中心で和食っぽいものがおすすめです。肉類や脂っこいもの、また砂糖が多く使われているジュースなどは控えましょう。

次に運動。運動は何も激しい運動を何度もする必要はありません。少しずつでも毎日続けられることのほうが大事です。筆者もメタボ予防を兼ねて太らないように自転車をよく利用しています。外出のほとんどを自転車で移動するようにして、それだけで一日30分以上は乗っています。ウォーキングも効果的で、15分以上継続して歩くと有酸素運動が始まるので体脂肪が燃焼します。普段エレベーターで上がっていたところを階段にしてみたり、バスの停留所をひとつ遠いところにしてその間を歩くようにする…普段の生活の中でやれることはいくらでもありますので、まずは出来ることから始めてみましょう。

自分の内臓脂肪を知るために、体脂肪計があるとさらに便利です。

Leave a comment